smile

尿失禁は恥ずかしがらずに対策していこう!最適な治療で早期解決

多くの人が悩む尿のこと

ヒップ

自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまい、日常生活に何らかの支障をきたした状態を尿失禁と言います。様々な症状があり、大きく4つに分類されます。ふとした拍子に腹圧が高まったことで尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁、急に尿を感じ我慢できずに漏らしてしまう切迫性尿失禁、排尿障害の症状を呈する溢流性尿失禁、排尿機能ではなく運動機能の低下や認知症などが原因で起こる機能性尿失禁の4つになります。また、腹圧性と切迫性の混合型も見られることがあります。それぞれの症状あわせて、薬物療法、カテーテルによる治療、運動療法、手術などが行われます。適切な治療を受けることで、症状は必ず改善また緩和されます。恥ずかしいと言う理由で病院を受診することをためらう人が多くいますが、誰にでも起こり得る身近な疾患なので、恥ずかしがらずに早めに治療受けましょう。

尿失禁は女性に多く見られます。ほとんどが腹圧性尿失禁になります。リスクファクターとして上げられるのが、出産、年齢、便秘、肥満、職業歴です。特に出産によって骨盤底筋という筋肉が弱まることが最も大きな原因だと言われています。骨盤底筋力は加齢によっても弱くなります。尿失禁対策のためには、男女問わず40歳を過ぎたら骨盤底筋強化のエクササイズを行うことが推奨されています。女性の場合はもっと若いうちから対策を始めると良いでしょう。または、妊娠準備期間から行うのも効果的です。このほかに行えるものは、肥満や便秘対策です。また、悪い姿勢を続けていると筋力低下の原因となるため、常に姿勢を正すことも尿失禁対策として有効です。最近では、女性だけでなく男性でも増加傾向にあります。特に50歳から増えるとされています。その理由は前立腺肥大です。前立腺肥大は50歳から増え始め、80歳になると9割の人に見られるようになります。尿失禁に悩む人は男女問わずどんどん増えていくと見られています。

お腹に力がかかると漏れる

看護師

女性にとって尿漏れは、恥ずかしいという思いから治療に至らず尿パッドなどで済ましている人が多いのですが、骨盤底筋をトレーニングしたり、薬物療法や手術などしっかり治療できる方法があります。症状が重くなる前に治療することが重要です。

詳しくはコチラ

生活の質が低下する症状

ヒップ

尿漏れの特徴は自分の意思に関係なく尿をもらしてしまうことです。女性に多いのが腹圧性尿失禁で、急に立ち上がったり、咳やくしゃみをした瞬間に漏れてしまうものです。また切迫性尿失禁というのも多く、我慢できずに漏らしてしまうケースです。尿漏れは生活の質が低下するので、泌尿器科で治療を受けることが必要です。

詳しくはコチラ

悩みを持つ人は多い

医者

加齢などが原因で起こる症状の一つに、尿失禁があります。性別を問わず、50歳代以上では多くの人が一度は経験したことがあるという調査結果もあります。いくつかのタイプに分けることが出来るため、そのタイプに応じた対応が大切になります。

詳しくはコチラ